20170514

クリスチャン ディオール オーデ ディオール カラレッセンス リラクシング EDT・SP 100ml

EAU DE DIOR COLORESSENCE RELAXING EAU DE TOILETTE SPRAY 100ml


1946年に誕生した、フランスのハイエンドなファッション・ブランド「クリスチャン・ディオール」。創始者のディオールは、わずか10年ほどの活躍の後で急逝しましたが、その最高峰のクチュール・デザイナーとしての威光は、現在でも輝きを失うことはありません。時代の流れでプレタポルテに移行しても、長いジョン・ガリアーノ時代から現在のラフ・シモンズ時代へと、順調に歴史を重ねております。

こちらはそんなディオールのフレグランス・ラインから、2000年に発売されたレディス香水です。「オー・デ・ディオール・カラレッセンス・エナジャイジング」と同時発売されたもので、ポップなコンセプトを感じさせるシリーズです。非常に入手困難なレア物ですので、お求めはお早めに。香りは、モダンでコンテンポラリーなフローラル・フレッシュの香調がベース。アクティブでさわやかなフェミニンを描き出したアイテムにしあげられております。

レモン・ツリーやフィグ・ツリー(イチジクの木)などが、すっきりとしたクリアなシトラス・ウッディーを香り立たせるトップから、
ナルコティック・ローズ、ヴァイオレット、ヘリオトロープなどが、パウダリーで華々しいフローラル・ブーケを広げるミドルへ。
ラストはトンカビーンズ、シダーウッド、バニラ、サンダルウッドなどが、マイルドでオリエンタルなウッディー・スウィートを香らせて、優雅であでやかなセンシュアル・クオリティーをアピールしてくれそうです。

調香は、エマニュエル・ウンガロの「デスヌーダ」やラコステの「タッチ・オブ・ピンク」、グレの「エアー・ド・カボシャール」などを手がけているドミティーユ・ミカロン。プロデュースは、ゲランやジバンシィ、ロエヴェなどの香水ラインもかかえている、親会社のモエ・ヘネシー・ルイ・ヴィトンです。トップのフレッシュなシトラス・ウッディーなトーンが印象的で、ミドルのフローラルもまろやかにつづきます。春夏のシーズンにベストマッチするでしょう。プライヴェートなシーンであれば、使い勝手はとてもいいと思います。

ファンシーなボトルやボックスも、ディオール香水にはめずらしいポップなおもむきですね。

20170504

クリスチャン ディオール エスカル ア ポルトフィーノ EDT・SP 75ml

ESCALE A PORTOFINO EAU DE TOILETTE SPRAY 75ml


「トライバル・シック」をコンセプトとした、ガリアーノ=ディオールらしい手堅いコレクションで2009年春夏のランウェイも大好評だった「CHRISTIAN DIOR」。それに負けていられないと、就任したてのクリス・ヴァン・アッシュも、気鋭らしい懐の深さを感じさせるディオール・オムのコレクションを展開しております。

こちらは香水シーンの至宝、ディオール・フレグランス・ラインから、2008年に発売されたレディス香水です。エスカル=「寄港」ということで、北イタリアの港町ポルトフィーノをイメージした、「ポルトフィーノへの寄港」という優雅なネーミングのこの作品は、イタリアらしい芳醇なシトラスをリッチに用いたシプレー・ウッディーの香調をベースにしており、高級感ではなく本物の高級を追求する、極めて完成度の高いアイテムとなっております。

イタリアン・シトラス、ベルガモット、プチグレインなどが、すっきりと清々しく、オーガニックな情感を漂わせるハイ・シトラスのトップから、
ビター・アーモンドやオレンジブロッサムなどが、モダン・ラグジュアリアスの真髄を行くような、シャープ&メロウのサブタルなバランスの効いたコンテンポラリー・フローラルのミドルへ。
ラストはヒノキ・エッセンスなどが、コクのあるナチュラル・ウッディー・スウィートのアロマでもって、全体の香りを包み込んでリッチにドライダウンさせ、しなやかな余裕とグラマラスを感じさせる、ハイ・ソサイエティな大人のフェミニン・セダクションを描き出してくれそうです。

調香は、2006年辺りからディオール専属のようになり、「ファーレンハイト32」や「オー・ソヴァージュ・フレーシュ・クイール」などを手がけているフランソワ・デュマシー。プロデュースはLVMHです。ミドルのアーモンドのアクセントが香りを引き締めて、単なるシプレーとは一線を画すハイ・クラスを演出しております。

大人の女性であれば、永く愛用できる香りではないでしょうか。オールシーズンのデイタイムに、シックなウェアに合わせるとマッチしそうです。リミテッド品なので、お求めはお早めに。