20151226

クリスチャン ディオール フォーエバー アンド エバー ディオール EDT・SP 50ml

FOREVER AND EVER DIOR EAU DE TOILETTE SPRAY 50ml


ざっくりとしたテキスタイルの中で、クラシカルなテイストを全面に押し出しつつも、そこかしこに遊び心に富んだアレンジをほどこしたウェアで、2010/11秋冬パリコレクションを飾った「クリスチャン・ディオール」。その時代の一情景を視覚化させるような、まさにジョン・ガリアーノの真骨頂が表れており、近年のディオール・コレクションの中でも出色のものでした。

こちらはそんな歴史深いディオールのフレグランス・ラインから、2006年に発売されたレディス香水です。元々は「リメンバー・ミー」や「ディオール・スター」と同様に、トラベル・リテール(免税店)リミテッド・エディションとして2002年に発売されたもので、パッケージとボトルのデザインを変えて再販されたものです。香りはまったく変わりありません。みずみずしくリラクゼーションあふれるフローラル・フレッシュの香調をベースにしていて、ナチュラルな広がりと、凛としたエレガンスをうかがわせる、バランスの良いアイテムに仕上がっております。

アイヴィー・リーブス、フリージア・ペタルズ、ウォーター・ジャスミンなどが、透き通るようなルミナス・フローラルを香り立たせるトップから、 ワイルド・ローズ、アーモンド・ブロッサム、ゼラニウムなどが、まろやかさの中にシャキッと一本筋が通ったようなモダン・フローラルを漂わせるミドルへ。
ラストはバニラ、ムスク、アンブレット・シードなどが、マイルドなスウィートで全体のダイナミックな香調をドライダウンさせ、しっとりとグラマラスなセンシュアリティーをアピールしてくれそうです。

プロデュースはモエ・ヘネシー・ルイ・ヴィトン。「いつまでもいつまでも」というようなネーミングにふさわしい、長く愛用できるオーソドックスな使い勝手が魅力のアイテムなのではないかと思います。ライトなここちよさの中に気品を失わないところがステキだと思います。

カジュアルなシーンでも重宝しそうですが、意外とオフィス・シーンなどでもお使いいただけるのではないでしょうか。クリアなガラスのボトルも、さすがディオールらしい美しく洗練されたデザインで飽きがきません。

20151214

クリスチャン ディオール アディクト オー デリス EDT・SP 50ml

DIOR ADDICT EAU DELICE EAU DE TOILETTE SPRAY 50ml


クチュールの帝王としてその名を歴史に刻んだ「クリスチャン・ディオール」。そのメゾンの伝統を受け継ぎながらも、独自のゴシックを築き上げた天才ガリアーノ=ディオールの時代が終わり、現在は一転してミニマルなモードを追求するラフ・シモンズがレディスのクリエイティブ・ディレクターに就任し、ディオールの新時代の到来にシーンの注目が集まっております。

こちらはそんなフランスの名門ブランドのフレグランス・ラインから、2013年に発売されたレディス香水です。2002年のスーパー・ヒット作「アディクト」がオリジナルで、今回はそのニュー・アレンジ・エディションとなっております。「デリス」=「デリシャス」ということで、香りはポップでリッチなフルーティー・フローラルの香調がベース。ガーリーな魅力と大人の女性の魅惑をミックスさせた、極上のフェミニン・アイテムに仕上げられております。

クランベリー、ベルガモット、オレンジ、チェリーなどが、ルミナスフルでラグジュアリーなフルーティー・カクテルを香り立たせるトップから、 イランイラン、エジプシャン・ジャスミン、インディアン・ジャスミン、ローズ、ビター・アーモンドなどが、エレガントでブリリアントなフローラル・ブーケを広げるミドルへ。
ラストはホワイト・ムスク、シダーウッド、バニラなどが、メロウなスウィートを漂わせて、チャーミングでグラマラスなレディス・センシュアリティーをアピールしてくれそうです。

調香は、2008年からディオールの専属調香師をつとめているフランソワ・デュマシー。「ミス・ディオール」シリーズや「ジャドール」シリーズなども手がけております。プロデュースはモエ・ヘネシー・ルイ・ヴィトンです。基本的にはトップのチェリーやクランベリー、ミドルのジャスミン、ラストのムスクあたりがメインとなっていて、ベリー系のフルーティーなトーンに、上品な花を寄り添わせたような印象。ありがちなベリー系ではなく、ちゃんとヨーロピアンなたたずまいなのがさすがです。オールシーズンでお使いいただけると思います。

ボトルやボックスのクラッシーなたたずまいもグッド。ボトルはレッドのグラデーションが美しいです。

20151201

クリスチャン ディオール ピュア プワゾン EDP・SP 50ml

PURE POISON EAU DE PARFUM SPRAY 50ml


ディオール・フレグランスの代名詞にして、香水の一つの到達点である歴史的名香「POISON」。時代性を見事に香りに閉じ込めたあのオリジナルの佇まいを継承し、ヒプノティック・プワゾン、トンドール・プワゾンと受け継がれてきた「心の毒」としてのプワゾン・シリーズの新作が、2004年、満を持して登場いたしました。本年度下半期、ブルガリの「オムニア・クリスタリン」と双璧を成す話題作です。

純粋でありながらセダクティブ、モダンでありながらクラシカル。毒の心と透明な心。このような二面性を表すべく二年の歳月を書けて創られたフローラル・ウッディの香調は、系統分けを拒むような孤高の自我、自尊心を垣間見せ、ディオールのフレグランス・ラインの確固とした自信をうかがわせます。ジャスミンやスイートオレンジなどが奔放と気品を兼ね合わせ香り立つトップ。オレンジブロッサムやガーデニアなどが繊細と芯の強さを重ね合わせて広がるミドル。そしてサンダルウッドやホワイトアンバーが慈愛とグラマラスな官能を漂わせるラスト。カルロス・ベナイーム、ドミニク・ロピオン、オリヴィエ・ポルジュの三人の調香師の試行錯誤が結晶した、見事な芸術品です。特に選び抜かれたインド産サンバック・ジャスミンの優雅な香りは、纏った者やその周りの人間の心を確かに捉え、しばらく忘れさせない力を持っております。

香りが貴女を引き立て、貴女の内面が香りを引き立てる。長く語り継がれるべき傑作です。複雑な心の毒を身に纏うその叙情性を、ぜひとも万人の女性に体験していただきたい。

20151119

クリスチャン ディオール ファーレンハイト アブソリュート EDT・SP 50ml

FAHRENHEIT ABSOLUTE EAU DE TOILETTE INTENDE SPRAY 50ml


電撃解雇されたジョン・ガリアーノの後任として、ジバンシィのリカルド・ティッシやイブ・サンローランのステファノ・ピラーティなどの名前が挙がっている、フランスの至宝「クリスチャン・ディオール」いずれにしても15年以上をかけてガリアーノ=ディオールのステイタスを築き上げてきただけに、この解任騒動は大きな痛手となるのは間違いないところです。

こちらはそんな名門ブランドのフレグランス・ラインから、2009年に発売されたメンズ香水です。オリジナルは1988年に発売された「ファーレンハイト」で、このオリジナルは今でも堅実にロングセラーを続ける、ライン屈指のヒット・アイテムとして知られております。

そんなファーレンハイトの香りをベースに、さらに数種類のマテリアルを加えて深みを与えたのがこの作品ということで、ウッディー・フローラル・ムスキーのきめ細かい香調に、アロマティックなニュアンスを加えて、めくるめくエキゾチック・セクシーなたたずまいで圧倒するような、濃密なアイテムに仕上げられております。

ラベンダー、マンダリン・オレンジ、ホーソーン(セイヨウサンザシ)、ナツメグ・フラワー、シダー、ベルガモット、カモミール、レモンなどが、一筋縄ではいかない、クリーン&ヴィヴィッドなシトラス・フローラルを香り立たせるトップから、 ヴァイオレット、ナツメグ、ハニーサックル、カーネーション、サンダルウッド、ヴァイオレット・リーフ、ジャスミン、リリー・オブ・ザ・ヴァレイ、シダーなどが、マンリー・フローラルのエレガント&セクシーなたたずまいでホットな男性像をつむぎだすミドルへ。
ラストはミルラ、インセンス、ウード、レザー、トンカビーンズ、アンバー、パチョリ、ムスク、ベチバーなどが、スピリチュアルで包容力を感じさせるダイナミック・スウィートを湧き立たせて、アツいセンシュアリティーを際立たせてくれそうです。

プロデュースはモエ・ヘネシー・ルイ・ヴィトン。ヴァイオレット、ミルラ、インセンス、ウードといったマテリアルが新たに加えられ、摂氏よりも高い数値基準「華氏=ファーレンハイト」という名前のパッションを、さらに引き立てたナイス・アレンジの一品です。

20151106

クリスチャン ディオール ディオール オム コロン (2013) EDC・SP 75ml

DIOR HOMME COLOGNE SPRAY 75ml


シャネルやルイ・ヴィトンと並ぶ、フランス最高峰のトレンド・セッター・メゾン「クリスチャン・ディオール」。かつてはオート・クチュールの帝王として知られておりましたが、プレタポルテの時代になっても、そのステイタスとプレステージは揺らぐことがありませんでした。ラフ・シモンズのレディス部門がメインですが、クリス・ヴァン・アッシュ率いるディオール・オムも健在です。

こちらはそんなディオールの誇るフレグランス・ラインから、2013年に発売されたメンズ香水です。オリジナルは2005年に発売されたスーパーヒットを記録した「ディオール・オム」で、今回はそれ以降数多く発売されている、ニューアレンジ・ヴァージョンの中のひとつです。2007年版の「ディオール・オム・コロン」と間違いやすいので、お気を付けくださいませ。さまざまなマテリアルを駆使したモダンな香りだったオリジナルとはうってかわった、シンプル・イブ・ベストなシトラス・アロマティックの香調をベースにしていて、ハイ・ソフィスティケーションの真髄を行くような、ブレンドの妙を味わえる極上の一品に仕上げられております。

カラブリアン・ベルガモットが、鮮やかでシアーなシトラス・フレッシュを香り立たせるトップから、 イタリアン・グレープフルーツ・ブロッサムが、シトラスと溶け合って優雅なホワイト・フローラルを浮かび上がらせるミドルへ。
ラストはセンシュアル・ムスクが、ふんわりとエアリーなスウィートで全体を淡くドライダウンさせて、やさしくさりげないマンリー・セダクションをしっかりと際立たせてくれそうです。

調香は、2008年からディオールの専属調香師をつとめている、マエストロのフランソワ・デュマシー。ケンゾーの「ケンゾー・オム・スポーツ」や、エマニュエル・ウンガロの「ウンガロ・プールオム」なども手がけております。上品でさらっとしていてナチュラル、そんなユニセックス感あふれる香りです。メンズ用ではありますが、レディスでも違和感なくまとっていただけると思います。

ボトル&ボックスの洗練度もハイエンド。ボトル内部の大胆なデザインが目を惹きます。

20151022

クリスチャン ディオール ディオリッシモ EDT・SP 50ml

DIORISSIMO EAU DE TOILETTE SPRAY 50ml


香水史上に残る名香の一つに数えられる、フローラル・フローラルの最高傑作。1956年発売以来、現在でも変わらない人気を保ち続けるこの香水が、ディオール自身の最後のプロデュース作品となりました。故ダイアナ妃が愛用していたことでも有名。小池真理子の小説の題材にもなっています。ちなみにディオリッシモとは、「いかにもディオールらしい」という意味の造語。

永遠のフローラル・フローラルはスズランの香りがベース。そこにボロニア、イランイラン、アマリリスなどが豊かに溶け合い、ラストはジャスミンがふわりと寄り添い、香りに一層の美しさを持たせます。スズランの香りは、今も昔も全て合成香料。これは花からの抽出段階で香りが失われてしまうことによります。シンプルで上品な甘さ、そしてどこかしら懐かしいような柔らかさ。最小限の原料で唯一の香りを紡ぎだした、奇跡的に完成された香水です。

スズランは、幸福と成功のラッキーフラワーとして、ディオールが常に身につけていたといわれています。調香を手掛けたエドモン・ルドニッカも生涯スズランを愛したといわれており、この二人の情熱が込められたからこそ、ディオリッシモは永く語り継がれる香水となり得たと言えるのではないでしょうか。

いい香りというものは色々ありますが、美しい香りとなるとなかなか存在しないもの。ディオリッシモは、その美しい香りの数少ない一つです。控えめなロマンチシズムを感じさせるこの香り、ぜひとも体験していただきたいものです。

20151003

クリスチャン ディオール ディオール オム スポーツ 2012 EDT・SP 50ml

DIOR HOMME SPORT EAU DE TOILETTE SPRAY 50ml


ラフ・シモンズのレディス・ライン、クリス・ヴァン・アッシュのメンズ・ラインと、ともに好評価を勝ち得ている、フランス最高峰のファッション・ハウス「クリスチャン・ディオール」。オート・クチュール・メゾンの頂点として君臨し、時代が既製服(プレタポルテ)に移っていっても、そのステイタス、プレステージ、ネーム・バリューがおとろえることはありませんでした。

こちらはそんなスペシャルなメゾンのフレグランス・ラインから、2012年に発売されたメンズ香水です。オリジナルは2008年に発売されて、世界中にヒットを記録した「ディオール・オム・スポーツ」。今回はそのニュー・アレンジ・エディションとなっております。イヤー・リミテッド品で、かなりのレア・アイテムですので、お求めはお早めに。香りは選び抜かれたマテリアルを小気味よくブレンドした、アロマティック・ウッディーの香調がベース。リッチな情味とスポーティーなマスキュリンを溶け合わせた、見事な一品に仕上げられております。

ジンジャーやシシリアン・シトロンなどが、エキゾチックでシャープなスパイシー・シトラスを香り立たせるトップから、 トスカーナ産イリスなどが、パウダリーでほがらかなフローラル・スウィートを広げるミドルへ。
ラストはヴァージニア産シダーウッドやグリーン・ノートなどが、ゆったりとしたウッディー・スウィートで身体を包み込み、たおやかなセクシー・マスキュリンをアピールしてくれそうです。

調香は、ディオールの専属調香師で、この「ディオール・オム」コレクションや「ミス・ディオール」コレクションなどで有名なマスター・パフューマーのフランソワ・デュマシー。プロデュースはモエ・ヘネシー・ルイ・ヴィトンです。オリジナルもジンジャーやシトラスが効いていて、トップは似たようなトーンですが、今回はミドルのイリスが甘い香りを加えて、さらに優しげな印象をかもし出します。ミドル以降はセクシーな香りですので、イブニング・シーンにもマッチすると思います。

ボトルやボックスも、オリジナルに引き続いてエクセレントなたたずまい。ブラック・タイのようなデザインがシックです。

20150917

クリスチャン ディオール ミス ディオール ル パルファン 75ml

MISS DIOR LE PARFUM 75ml


わずか10年で世界のファッション・モードの不動の頂点に登りつめた、フランスの至宝「クリスチャン・ディオール」。クチュールの帝王と称され、創始者のディオールのコレクション・デビューから1957年の急逝までの10年が、オート・クチュールの輝ける歴史そのものでもありました。現在はラフ・シモンズがクリエイティブ・ディレクターをつとめ、着やすくシンプルなデザインで存在感を示しております。

こちらはそんな伝統のファッション・ハウスのフレグランス・ラインから、2012年に発売されたレディス香水です。オリジナルは1947年に発売された「ミス・ディオール」で、2005年の「ミス・ディオール・シェリー」のスーパー・ヒットもあってシリーズ化されたファミリーの一つです。「ミス・ディオール・シェリー・オーデ・パルファン」とまちがえやすいので、お気をつけくださいませ。香りはシプレー・フローラルの優雅な香調がベース。オリジナルの息吹を感じさせる、ヨーロピアン・ビューティーなアイテムに仕上げられております。

マンダリンなどが、すっきりとスマートなシトラス・フレッシュを香り立たせるトップから、 ブルガリアン・ローズ・アブソリュートやターキッシュ・ローズ・アブソリュートなどが、エレガントで趣き深いロージー・フローラルを湧き立たせるミドルへ。
ラストはパチョリ、バニラ、アンバーなどが、ホットでグラマラスなスウィートを香らせて、アダルト・セクシーなフェミニン・センシュアリティーをアピールしてくれそうです。

調香は、ディオールの専属調香師で、このシリーズやアディクト・シリーズ、ジャドール・シリーズなど数々の傑作を世に送り出しているフワンソワ・デュマシー。プロデュースはモエ・ヘネシー・ルイー・ヴィトンです。オリジナルは複雑なブレンドでしたが、今回はシンプルなトーンで、ロージー・アンバリーのすぐれたオリエンタルをつむぎ出しております。ゴージャスながらいやみのない香りですので、大人の女性であれば何かと使えるすぐれものです。

ボトルやボックスも、このシリーズのトータル・デザインを踏襲。香水の色合いが実に高級です。

20150830

ミス ディオール ブルーミングブーケ EDT・SP 50ml

MISS DIOR BLOOMING BOUQUET EAU DE TOILETTE SPRAY 50ml


ガリアーノ=ディオールも10年を過ぎ、もはや不動のステイタスで君臨している、ファッション・シーンの頂点「CHRISTIAN DIOR」。世界的不況で値下げを断行しましたが、2009年春夏のコレクションは、他の追随を許さないハイ・エレガンスを、来年の流行「トライバル・シック」に乗せて、軽やかに華やかにランウェイを演出いたしました。こちらは香水シーンでも不動の地位を守り続けているディオール・フレグランス・ラインから、2008年に発売されたレディス香水です。

1947年のオリジナル「ミス・ディオール」のモダン・エディションとして、2005年に発売された「ミス・ディオール・シェリー」は、近年のディオールのレディス香水を代表する傑作として、世界的な評価を勝ち得ました。こちらはそんなシェリーのアジア・エクスクルーシヴ・ヴァージョンです。

ボトルのデザインはアジアで好評ながら、まだ香りはアジアの期待に答え切れていないという気持ちから誕生したこの作品は、徹底的にアジアン・フレンドリーにこだわったシトラス・フローラル・ムスキーの香調をベースにしており、キツくなく、かといって軽すぎもしない、バツグンのバランスをシンプルに表すことに成功しているのは、高品質なマテリアルのみをセレクトして調香していることにも因ると思います。

マンダリン・エッセンスやベルガモット・エッセンスなどが、鮮やかでフレッシュ、それでいて濃密なシトラス・ノートを香り立たせるトップから、 ローズ・アブソリュート、ジャスミン・アブソリュート、ピオニーなどが、落ち着いた佇まいのハイ・エレガンスを醸し出す、ファンタスティックなフローラル・ガーデンを広げるミドルへ。
ラストはパチョリやホワイト・ムスクなどが、しっとりと艶やかなスウィートを重ね合わせ、本物のセンシュアリティーをグッとシックに醸し出してくれそうです。

調香は、2006年からディオール専属となっているフランソワ・デュマシー。オーソドックスな香調ですが、本物の強みがここにはあります。その辺の同系統の香りとは一線を画す、高みのレディス・スタイルをぜひ体感してください。