20131206

クリスチャン ディオール オー ソヴァージュ エクストレム インテンス EDT・SP 100ml

EAU SAUVAGE EXTREME INTENSE EAU DE TOILETTE SPRAY 100ml


クチュールの帝王としてシーンに伝統と革新をもたらした、フランスのハイ・メゾン「クリスチャン・ディオール」。現代ファッションの基礎を築いたレジェンダリィ・メゾンで、ここ最近はジョン・ガリアーノのバロックなデザインで10年間見事にトレンドをセットしてきました。そのガリアーノが解雇されてからは、正反対のデザイン・センスを持っているラフ・シモンズがディレクターに就いて、新生ディオールを推し進めております。

こちらはそんな老舗ブランドのフレグランス・ラインから、2012年に発売されたメンズ香水です。オリジナルは、天才調香師エドモン・ルドニッカの代表作のひとつで、1966年から現在までロングセラーを続けている「オー・ソヴァージュ」。そのニュー・アレンジ版が1984年に「オー・ソヴァージュ・エクストレーム」として発売されて、今回はその84年版のニュー・アレンジです。香りはソヴァージュ・シリーズ伝統のアロマティック・シトラスの香調がベース。選りすぐりの数種類のマテリアルをブレンドして、ゆったりとしたダンディズムを描き出した、ミニマルなアイテムに仕上げられております。

ラベンダーやローズマリーなどが、アロマティックなフローラル・ハーバルの香りで、ハイ・ファッションな男らしさを輝かせるトップから、 エニシダ(ジェニスタ)などが、あたたかくテンダーなフローラル・スウィートを浮かび上がらせるミドルへ。
ラストはシダーウッドやプロヴァンス産シトラスなどが、全体のほがらかな香りをキリッとしたウッディー・シトラスでドライダウンさせて、スタイリッシュでエキゾチックなセンシュアリティーをアピールしてくれそうです。

調香は、ディオールの専属調香師を長く務めているフランソワ・デュマシー。「ディオール・オム・シリーズ」などでも有名です。プロデュースはモエ・ヘネシー・ルイ・ヴィトンです。ミドルのエニシダはふんわりと甘い香りが特徴の花のエッセンスです。全体的にかなりおしゃれな香りで、大人の優雅な男らしさがよく出ている印象です。

ノーブルなボトルのデザインもアイキャッチャー。意外とレアなアイテムですので、お求めはお早めに。