20130408

クリスチャン ディオール アディクト オー センシュアル EDT・SP 50ml

DIOR ADDICT EAU SENSUELLE EAU DE TOILETTE SPRAY 50ml


これまでディオールを引っ張ってきた天才肌のジョン・ガリアーノを解雇せざるを得なくなり、モードの提案という面で急転直下の苦境にたたされた「クリスチャン・ディオール」。2011/12年秋冬コレクションはディオールのデザイン・チームが一致団結してデザインにあたり、空中浮遊状態のブランドの根っこを再び引き寄せました。ガリアーノの後任にはさまざまな一流デザイナーの名前が挙がっております。

こちらはそんな名門ブランドのフレグランス・ラインから、2011年に発売されたレディス香水です。オリジナルは2002年の「アディクト」で、その後毎年のように発売されている「アディクト・コレクション」の新作となります。

フローラル・ムスキーのノーブルでラディエントな香調をベースにしていて、高い品位と心地よいダイナミズム、そして深みのある官能性をたたえた、とてもすぐれたトーンのアイテムに仕上げられております。

ポメグラネイト(ザクロ)、ラズベリー、ピーチなどが、甘すぎない大人のフルーティー・スタイリッシュを香り立たせるトップから、 ローザ・センチフォリア、エジプシャン・ジャスミン・アブソリュート、リリー・オブ・ザ・ヴァレイ(スズラン)などが、ナチュラルで芳醇なフローラル・ガーデンを広げるミドルへ。 ラストはシダーウッドやホワイト・ムスクなどが、しっとりとしたスウィートで全体の香調をドライダウンさせて、たおやかで艶めかしいようなレディス・センシュアリティーをアピールしてくれそうです。

調香はディオールの専属調香師として、「ミス・ディオール・シェリー・コレクション」、「ミッドナイト・プワゾン・コレクション」、「ディオール・オム」など数々の秀作を生み出し続けているフランソワ・デュマシー。プロデュースはモエ・ヘネシー・ルイ・ヴィトンです。

まさにラグジュアリー・オブ・ラグジュアリーといったトーンの香りで、特にミドルの気品あるフローラルの、説得力のある香りが印象的です。夏以外のシーズンのイブニング以降にマッチすると思います。スリムで上品なカラーのボトルも、香りの情味をよく表しているエクセレントなデザインです。